食品トレー容器を通じて、快適な食生活を創造する

TOP > 製品情報 > オリジナル素材製品の特長

オリジナル素材製品の特徴

食品トレー容器は、食の多様化にともない多くの機能が求められるようになりました。 
エフピコはお客様のニーズをいち早くキャッチし、常に一歩先を行く機能性のあるオリジナル素材製品を開発し続けています。 

 

 

5つのオリジナル素材製品

 

MFPマルチFPシート(多様エフピコオリジナルシート)~

①耐熱温度:110℃

MFP素材

耐熱性に優れた発泡素材容器でレンジにかけても安全・安心。   

 

②軽量化

従来のレンジ対応容器に比べ軽量化を実現。

容器リサイクル負担費用を軽減。                                      

③断熱性

発泡素材の為、レンジ加熱後の底面温度が、約20℃軽減。(手で持てる。) 

MFP特徴2

④保温

発泡素材の為、レンジ加熱後の保温効果有。 

 


 

 

 

MSD~PSPと違う存在感!重厚感とシャープな形状で売場・食卓を彩ります~

①耐熱温度:110℃ 

非発泡でも耐熱性に優れた素材です。

 

②優れたスタック性MSD素材

非発泡なので、スタック性に優れ、

ックヤードでは場所を取らない優れもの。 

 

③食卓でも存在感 

本物のお皿と並べても違和感なく食卓を演出。

 

④光沢感と成形性に優れている

非発泡ならではのシャープな形状が特徴で、下記写真のような脚が高くボリューム感を見せる演出も可能です。

また、つや感があるので、売場がワンランクUP。 

MSD素材②

 
 

透明PP~透明容器ですが、電子レンジで温められます!

①耐熱温度:110℃

PP素材

調理直後の惣菜を熱いうちに盛付可能。(油切りは必ずして下さい。)

   

レンジ加熱トラブルのリスク回避

温惣菜をお皿に盛りかえる事なく、そのままレンジにかけられます。

(従来のOPS素材では穴あき発生の可能性あり。)                                     

③容器の透明感UP

 独自技術により透明度が向上。中身がはっきり見えるようになりました。

 (従来のPP素材特有の曇りを大幅改善。)

PP

耐熱性・耐油性に優れているので、電子レンジで加熱しても食品トレー容器に変形が少ない。
また、PP素材はMC油脂等により脆化せず、食品トレー容器は破損しません。


電子レンジテスト
クラッキングテスト


 

 

 

OPET「2軸延伸PET」の略。従来のAPETシートを縦横(2軸)へ引き伸ばし、耐熱性を向上

①耐熱温度:80℃

OEPT素材

従来のAPETは耐熱温度60℃。

80℃まで耐熱温度を向上させたので、OPS同様に使用可能。   

                                  

②耐油性・耐薬品性

蓋にソースやドレッシングが付着していてもレンジ加熱後の穴あきの心配がありません。(OPPシートが必要なくなります。)

                                     

③破れにくく、消費者クレームを回避

OPSと比較すると破れにくく、蓋をあける時に手が切れたり、破片混入のリスクが低くなる。

 

 

O-PET

耐油性があるO-PETを電子レンジで加熱すると、多少の変形は生じますが、食品トレー容器に穴はあきません。
また、O-PET素材はMC油脂等により脆化せず、食品トレー容器は破損しません。

電子レンジテスト
クラッキングテスト
これまでのOPS

耐熱性・耐油性に乏しいため、電子レンジで加熱すると食品トレー容器に穴があくことがあります。
また、OPS素材はMCT油脂等により脆化し、食品トレー容器が破損する場合があります。

電子レンジテスト
クラッキングテスト
 
 
 
 
      
 
 
 
 
 
 

 

 

エコAPET地上資源の有効利用 。使用済みPETボトルから食品グレード原料へリサイクル。再びトレーとして生産販売しています~    

①ボトルtoトレー

使用済みPETボトルを原料として再び透明容器を生産しています。 

エコAPET素材

 

②トレーtoトレー

使用済み回収トレー(透明容器)を選別し、再び透明容器として生産しています。

 

CO2削減に大きな効果があります

石油は地下資源、使用済み容器は地上資源。

採掘ではなくリサイクルでCO2が大幅削減。