食品トレー容器を通じて、快適な食生活を創造する

TOP > CSR > 環境における取り組み > オフィスにおける取り組み

オフィスにおける取り組み

オフィスで実施しているさまざまな省エネ活動

クラウドシステム
クラウドシステム

社員が使用するパソコンの電気使用量を抑えるため、各自のデスクにはモニターのみを設置し、ハードディスクに相当する部分はサーバーを活用しています。

テレビ会議システムの活用
テレビ会議システムの活用

全国に広がるグループ会社の支店、営業所、生産拠点などとの会議では出張によるCO2排出を抑制するためにテレビ会議が役立っています。

低公害車の導入
低公害車の導入

・電気自動車:1台
・ハイブリッドカー:128台
・低公害車:142台
・軽自動車および小型車:12台
※2014年3月末現在

エコドライブモニタリング

遠隔監視システムにより、急発進や急ブレーキなど必要以上に燃料を使う運転をモニターし、安全でエコ運転を推進しています。

ペーパーレス

出荷実績など業務系の大量の書類のプリントアウトは行わず、メールなどのデジタル配信としています。

節電

電気使用量の見える化により適温設定や必要のない照明オフなどを実践しています。

パソコンリサイクル

社内のパソコンはシステム部が一括して管理していますが、機器をリニューアルする際には専門の業者を通じてリサイクルしています。

グリーン購入

オフィスで使う事務用品や備品などは、環境負荷が小さい商品やサービスを積極的に購入・利用しています。

環境セミナーの開催

環境に配慮したビジネス、リサイクルをはじめとしたエフピコが実践しているさまざまな取り組みについて、定期的に社員を対象としたセミナーを開催しています。