食品トレー容器を通じて、快適な食生活を創造する

TOP > ESG > ESGに関するデータ > 環境に関するデータ

環境に関するデータ

環境データサマリー

企業活動に伴い様々な物質の移動や環境への影響が発生します。私たちエフピコは、自然環境への負荷を可能な限り低減・抑制するために、自らの企業活動が生み出した環境への影響を、正確に把握することに努めています。以下は部門ごとの物質収支・エネルギー使用量となります。

製造部門データ

横スクロールで全体がご覧いただけます。

2015年度2016年度2017年度
INPUTエネルギー 電力(kwh) 289,768,365 312,422,933 308,307,944
化石エネルギー(MJ) 129,758,549 153,668,163 109,649,757
水資源 上水(㎥) 302,088 370,846 321,886
地下水(㎥) 9,2835 163,240 160,806
工業用水(㎥) 174,066 85,102 101,390
原料 樹脂類他(t) 175,652 184,720 181,795
副資材
その他
段ボール(t) 31,304 31,304 34,809
包装ポリ(t) 2,638 2,865 2,848
潤滑油(L) 15,583 10,827 12,738
シンナー(L) 30,213 24,432 27,109
紙(枚) 3,876,077 2,664,500 2,690,000

横スクロールで全体がご覧いただけます。

2015年度2016年度2017年度
OUTPUT製品 製品生産重量(t) 164,992 175,907 177,174
出荷トラック台数(台) 164,959 178,649 160,852
廃棄物 (t) 17,426 19,684 19,533
環境汚染物質 煤塵(kg) 301 197 186
NOx(kg) 73,989 36,633 20,309
BOD(kg) 27,860 13,835 8,418
COD(kg) 18,194 16,717 12,555
SS(kg) 5,330 18,668 9,983

物流部門データ

横スクロールで全体がご覧いただけます。

2015年度2016年度2017年度
INPUTエネルギー 電力(kwh) 13,021,132 16,041,776 17,343,122
化石エネルギー(MJ) 3,250,773 2,816,660 3,030,483
水資源 上水(㎥) 19,320 23,204 23,024
その他 紙(枚) 15,265,800 10,765,074 9,203,816
OUTPUT廃棄物 (t) 442 423 475

オフィス部門データ

横スクロールで全体がご覧いただけます。

2015年度2016年度2017年度
INPUTエネルギー 電力(kwh) 2,052,053 3,068,042 3,050,915
その他 紙(枚) 5,979,624 5,013,500 5,341,500
OUTPUT廃棄物 (t) 228 217 181

2017年度環境関連コスト

環境保全コスト

環境保全コスト

横スクロールで全体がご覧いただけます。

項目小分類内容投資額
(百万円)
費用
(百万円)
事業エリア内コスト 公害防止コスト 水質  リサイクル工場における水処理装置  161  17 
緑化  工場及び配送センターでの緑化  5  18 
地球環境保全コスト 省エネルギー、
地球温暖化防止
LED等省エネ設備 154 15 
資源循環コスト 資源 関東エコペット工場設備投資 13,258  353 
廃棄物処理 産業廃棄物の処理コスト 0  110 
リサイクル リサイクル原料製造コスト
 2,625   ※
上・下流コスト リサイクルコスト 回収 使用済のトレー・透明容器・PETボトルの回収コスト 0  474 
管理活動コスト 間接労務費、環境広報、環境教育 環境教育 環境教育に関するコスト   16  104 
社会活動コスト 地域活動、団体支援 寄付/支援 環境に係る寄付、支援金  0  2 
合計  16,219 1,094 

                                          ※企業情報につき非公開

環境保全に伴う経済効果

環境保全に伴う経済効果

横スクロールで全体がご覧いただけます。

項目内容金額
(百万円)
経済効果  環境対応製品の売上金額 エコトレー、エコAPET、エコOPET製品の売上金額 39,794

焼却炉の維持・管理について

1.当社では関東工場と福山工場にそれぞれ焼却炉を設置しておりましたが、2014年12月現在、1基を廃止し、 1基を休止中です。

  • 関東工場焼却炉:2008年5月19日より休止 / 2002年規制以前の焼却炉
  • 福山工場焼却炉:2007年9月11日より休止、その後2013年7月25日廃止 / 2002年規制以後の焼却炉

2.維持管理計画

  • 福山工場焼却炉の休止以前の管理状況

横スクロールで全体がご覧いただけます。

管理項目自主管理値測定頻度測定実績
大気汚染 硫黄酸化物(排ガス) 濃度:(K値)3以下 6ヶ月に1回以上 管理値以下
塩化水素(排ガス) 濃度:45mg/m3N 管理値以下
窒素酸化物(排ガス) 濃度:180ppm 管理値以下
ばいじん量(排ガス) 量:0.1g/m3N 管理値以下
一酸化炭素(排ガス) 濃度:80ppm 管理値以下
ダイオキシン類 (排ガス) 量:0.2ng-TEQ/g 年1回以上 管理値以下
(ばいじん) 量:0.01ng/g
(焼却灰) 量:1ng/g
騒音 騒音 地域協定値 60dB 年1回以上(敷地境界) 管理値以下
振動 振動 自主管理値 60dB 年1回以上(敷地境界) 管理値以下
悪臭 特定悪臭物質濃度・臭気指数 福山市条例規制 臭気指数 18 年1回以上(敷地境界) 管理値以下

測定実績:2006年度および2007年度の2年間

  • 福山工場焼却炉の休止以前の保守・点検状況

保守・点検については、乾留、焼却、燃焼ガス冷却など各プロセスの装置ごとに保守・点検リスト(PDF)を作成のうえ、実施しておりました。
設置稼動から休止に至るまで期間中、すべての装置に異常はなく順調に稼働しておりました。