食品トレー容器を通じて、快適な食生活を創造する

TOP > ESG > ガバナンスにおける取り組み > コンプライアンス

コンプライアンス

当社の取締役会は、社員がどのように行動すべきか示した「エフピコグループ行動憲章」、さらに同憲章の精神に則った「エフピココンプライアンス行動規範」を定め、コンプライアンスを最優先とした行動を遵守する方針としております。

浸透状況は、定期的に調査し、取締役、執行役員やグループ会社の代表者による情報交換会で適宜報告を行い、レビューを実施してまいります。当社のコンプライアンスへの取組みについて、法務・コンプライアンス統括室がグループ横断的にコンプライアンスに係る教育・研修を実施し、当社グループ社員がコンプライアンスを最優先とした行動を遵守するよう行動規範の浸透を図っております。

またグループ内のコンプライアンスを徹底するため、2年に1度、業務執行部門とは独立した社長直轄の監査室による内部監査を実施し、業務執行部門のリスク管理状況、コンプライアンス状況も含めモニタリングを行い、必要であれば改善要請を行うなどの体制を構築しています。

エフピコグループ行動憲章

私たちは、エフピコの経営理念に基づき、法令、協定および社内規程等を遵守するとともに、高い倫理観と社会的良識をもって、以下のとおり行動する。

  1. 社会に有用な製品・情報・サービスを提供し、消費者・顧客の満足と信頼の獲得に努める。
  2. 安全・安心・環境に配慮した製品を開発、提供し、もって食文化の発展に寄与する。
  3. 消費者・顧客の協力を得て、「エフピコ方式(トレーtoトレー)、(ボトルtoトレー)」の循環型リサイクルを積極的に推進し、拡大生産者責任を果たし、地球環境の保全に努める。
  4. すべての事業活動において、公正、透明、自由な競争を行う。
  5. 株主や製品の利用者と広くコミュニケーションを図り、企業情報を積極的かつ公正に開示する。
  6. 人権と個性を尊重した安全で働きやすい職場環境を実現する。
  7. 政治、行政、取引先等とは、健全かつ正常な関係を保ち、市民社会に不安と脅威を与える反社会的勢力および団体の不当・不法な要求には一切応じない。
  8. 良き企業市民として、積極的に社会貢献活動を行う。
  9. 海外においては、各国の法令を遵守し、文化や慣習を尊重して事業活動を行う。
  10. 経営全般にわたり有効性を評価し、合理化、効率化に努めて企業価値を高める。
  11. この行動憲章に反するような事態が発生したときは、全員で問題解決にあたり、原因究明と再発防止に努める。

行動羅針盤

エフピコグループの社員一人ひとりのコンプライアンス意識を高め、責任ある言動を心がけることができるように、社員がいつでも確認できるところに「行動羅針盤」を掲示しています。

行動羅針盤

あなたの行為は、法令に違反しませんか

あなたの行為は、会社の方針に背きませんか

あなたの行為は、世間の常識に反しませんか

あなたの行為は、あなたの良心に背きませんか

あなたの行為は、エフピコブランドを傷つけていませんか

相談・お問い合わせ

社員向けの相談窓口

当社グループ社員が、セクハラ・パワハラなど、職場で困ったとき、悩んだときの相談先として、職場相談窓口を設置しています。

社内の職場相談窓口のほか、弁護士事務所(外部ヘルプライン)を設置し、法令違反その他コンプライアンスに関する問題の早期発見、是正にも努めています。

相談者に対しては公平でプライバシーを厳守した対応を約束し、安心して相談できる環境づくりを図っています。職場相談窓口の運営状況は、定期的に当社経営会議で報告され、問題を共有しています。

また、エフピコホームページには、一般の方からの問い合わせ窓口を設け、社員以外の方からの相談にも対応しています。