食品トレー容器を通じて、快適な食生活を創造する

TOP > ESG > ガバナンスにおける取り組み > 組織マネジメント

組織マネジメント

コーポレートガバナンス

当社は、次の基本方針に沿って、コーポレート・ガバナンスの充実に取り組んでまいります。

(1)株主の権利・平等性の確保
当社は、全ての株主に対して実質的な平等性を確保するとともに株主の権利が確保されるよう、金融商品取引法及び関係法令や東京証券取引所の定める適時開示等に係る規則を遵守し、速やかな情報開示を行っております。

(2)株主以外のステークホルダーとの適切な協働
当社は、企業価値を財務的価値のみならず、数字では表せられない無形な価値も社会的責任を全うするためには必要であると認識し、顧客、取引先、社会、従業員、株主など、各ステークホルダーとの適切な協働を実践してまいります。
また、取締役会・経営陣は、当社の経営理念に基づき、法令、協定及び社内規程等を遵守するとともに、高い倫理観と社会的良識をもって、全てのステークホルダーを尊重し協働する企業文化・風土の醸成に向け、リーダーシップを発揮してまいります。

(3)適切な情報開示と透明性の確保
当社は、情報開示は重要な経営課題の一つであると認識しており、顧客、取引先、社会、従業員、株主など、各ステークホルダーから理解を得るために、適切な情報開示を行うことが必要不可欠と考えております。法令に基づく開示以外にも重要と判断される情報(非財務情報も含む)については、当社ホームページや企業報告書「エフピコレポート」等の様々な手段により積極的に開示を行っております。

(4)取締役会等の責務
当社の取締役会は、株主に対する受託者責任・説明責任を踏まえ、持続的成長と中長期的な企業価値の向上を目指し、収益力・資本効率等の改善を図るべく、当社の目指す経営目標の実現に向けて重要な企業戦略を定めて実行しております。また、内部統制システムやリスク管理体制を整備することで、経営陣幹部による適切なリスクテイクを支えるための役割や責務を果たしております。
当社は、会社法上の機関設計として監査等委員会設置会社を選択しており、社外取締役が過半数を占める監査等委員会が経営監視の役割を担い、透明性の高い経営の実現に取り組んでおります。監査等委員会は、業務執行者からの独立性を確保し、監査等委員である取締役は、取締役会における議決権が付与され監査・監督機能の強化を図っております。また、監査等委員である取締役は、取締役会の他重要な会議に出席するとともに、必要に応じて業務執行部門から報告を求め、当社の業務執行状況に関する情報を収集しておりす。

(5)株主との対話
当社は、持続的な成長と中長期的な企業価値向上に資するため、株主との建設的な対話を積極的に行い、株主の意見や要望を経営に反映させ、株主とともに当社を成長させていくことが重要と認識しており、代表取締役やIR活動を統括する取締役を中心に当社の経営戦略や経営計画に対する理解を得るため、株主との対話の場を設けております。当社は、株主との対話に際して、投資家の投資判断に重要な影響をおよぼす未公開の重要事実(インサイダー情報)の漏洩防止に努め、万一、未公表の決算情報などの重要な情報を証券アナリストなどに提供した場合、フェア・ディスクロージャールールに則り、速やかに他の投資家にも公平に情報提供を行います。

【内部統制システムの概要を含むコーポレートガバナンス体制についての模式図】

内部統制システムの概要を含むコーポレートガバナンス体制についての模式図

人材育成と社内教育

エフピコグループは、成長戦略を支える原動力は”人”であることを人材育成の基本方針に掲げています。エフピコグループが持続的に成長をするために、全社員が会社の現状や進む方向性を認識し共有できる機会を設けること、また、社員そして社会にとってより良い会社にするため、社員一人ひとりが自らの成長に努力を重ねることが必要と考えています。高い視座、広い視野、柔軟な発想ができ、自ら考えて行動できる自律型人材を育成して参ります。組織を支える人材育成を目的とし、エフピコでは様々なプログラムを実施しています。その対象のほとんどはエフピコグループ全企業の従業員であり、他企業との交流という形で実施する場合もあります。

マンツーマンリーダー研修会

マンツーマンリーダー研修会

社員の育成担当に任命された社員のことで、約半年から1年間メンターとして新人の教育係となります。メンターとなる ための研修ですが、同時にリーダー自身の教える力のスキルアップも目的としています。

次世代研修

次世代研修

エフピコの次世代を担う社員を育成するため約半年間にわたって実施するプログラム。「自分の頭で考える」をテーマに変化の激しい現在のビジネス環境の中で自分の力で答えを創り出し、変化に対応できる社員となるための研修です。

異業種交流会

異業種交流会

「他社との交流を通じて“ものの見方・とらえ方”を学ぶ」というテーマで異業種の企業との合同研修にも参加しています。日々の業務に慣れて情報収集力が鈍り、決めつけによる行動に陥りがちな状況に対して新しい意識づけをすることを目的としています。

経理部研修

経理部研修

ハワイ研修

ハワイ研修

その他各種研修会

左記の他にも女性マネージャーと上司の相互理解を深める研修、管理職候補を対象とした研修や経理・財務に関する実務のスキルアップのための経理部研修、ESGやSDGsという非財務活動による企業価値創造について勉強する環境関連研修会なども実施しています。また勤続10年以上のエフピコグループ社員を対象とした約40名参加のハワイ研修では、現地のスーパーマーケットの視察とグループ企業間の交流を目的として年に一回開催しています。