食品トレー容器を通じて、快適な食生活を創造する

TOP > CSR > 経営における取り組み

経営における取り組み

食の安全・安心を食品トレー容器から支えるエフピコグループでは、ステークホルダーの皆様から信頼され社会的責任を果たしていくため、基本的な方針として経営戦略に関する“意思決定の迅速化”と“経営の効率化”“透明性の確保”を掲げています。

コーポレート・ガバナンス体制

コーポレート・ガバナンス体制

当社は、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を目指し、経営の意思決定の迅速化と取締役の職務執行の監査・監督機能を強化することで、コーポレート・ガバナンスの更なる充実を図ることを目的として、監査等委員会設置会社を選択しており、社外取締役が過半数を占める監査等委員会が経営監視の役割を担い、透明性の高い経営の実現に取り組んでまいります。

詳しくはこちら

コンプライアンス

コンプライアンス

企業倫理の確立と法令遵守を推進するため、社長直轄の法務・コンプライアンス統括室を設置。エフピコグループ行動憲章、エフピココンプライアンス行動規範、行動羅針盤を施行し、健全な企業風土の醸成とともに社内規定の遵守の指導徹底に取り組んでいます。

詳しくはこちら

リスク管理の強化

リスク管理の強化

コンプライアンス、自然災害、安全衛生等、部門をまたがる全社、あるいはグループとして対応を必要とするリスクについてはリスク・コンプライアンス委員会が対応します。万が一、不測の事態が発生した際には、リスク・コンプライアンス委員会委員長が緊急対策本部を設置。危機的事態の早期終結および再発防止策の検討・実施を行います。

詳しくはこちら