食品トレー容器を通じて、快適な食生活を創造する

TOP > ESG > 社会における取り組み > フロアホッケー活動

フロアホッケー活動

エフピコとフロアホッケー

エフピコでのフロアホッケー活動は、エフピコグループの社員が障がいの有無を超えて交流することを目的として、2010年にスタートしました。現在では全国のエフピコグループに広がり、10拠点で約600名(障がいのある社員約200名、障がいのない社員約 400名)が日ごろの練習や大会に向けて活動しています。

  

          

ボランティアとして大会を支えるエフピコグループ社員

フロアホッケー大会運営

エフピコ杯全日本フロアホッケー競技大会、ユニバーサルフロアホッケー中国四国大会~エフピコ杯~の2大会はエフピコがメインスポンサーとなって開催する大会であり、エフピコグループ社員がボランティアスタッフとして大会の運営にも深く関わっています。アスリートとして、運営スタッフとして、フロアホッケー活動に多くの社員が取り組むことにより、障がいの有無に関わらない交流の輪が社内外に広がっています。

当社グループ社員のフロアホッケー大会運営に関するボランティア活動が「第3回企業ボランティア・アワード」に選ばれました。

 

エフピコとフロアホッケー

フロアホッケーとは?

スペシャルオリンピックスの冬季競技の一つで、北米で人気のアイスホッケーとリンゲッティー(Ringette)という2つの競技をもとに作られたフロア(体育館)で行う競技です。障がいの有無、年齢、性別に関わらず楽しめるように、補欠はおらず全員参加で、ルールや道具にも配慮がされています。


フロアホッケーに関して詳しくお知りになりたい方は、こちらよりご覧いただけます。

  • 公益財団法人スペシャルオリンピックス日本

    公益財団法人スペシャルオリンピックス日本

  • NPO法人日本フロアホッケー連盟

    NPO法人日本フロアホッケー連盟