食品トレー容器を通じて、快適な食生活を創造する

TOP > ESG > 社会における取り組み > 雇用・労働への取り組み

雇用・労働への取り組み

人権にかかわる基本方針

エフピコグループは、以下の方針に基づき、人権と個人を尊重した安全で働きやすい職場環境を実現します。

  1. 全ての人がお互いの個性と人権を尊重し、国籍・人種・信条・性別・障がい・社会的身分や社内的地位などを理由に差別されることなく公正な扱いを受け、平等な機会を得る権利を有するという基本原則の下、「エフピコグループ行動憲章」「エフピココンプライアンス行動規範」に基づき全ての事業活動において、人権と個人を尊重し、良き企業市民として高い倫理観と社会的良識を持って行動し、全てのステークホルダーと健全かつ正常な関係を保ち、社会から信頼される企業グループとして持続的に企業価値を高めて参ります。
  2. ハラスメントを禁止し、そのような言動を一切容認しません。ハラスメントの防止に係る体制の整備、発生したハラスメントへの的確な対応を行うことによりハラスメントの防止を図り、もって業務の円滑な運営と働きやすい職場環境を確保します。
  3. 法令及びその他の労働基準を遵守し、事業活動を行ういかなる場所でも、児童労働・強制労働を禁止します。
  4. 企業が健康障害を防止することはもちろんのこと、社員自ら自分の健康は自分で管理できるよう促進します。その取組としては、労使の協定時間などを踏まえて社員が過重な勤務とならないように管理をしています。勤務データーと健康診断データーに基づいて社員に対して産業医面談の機会を設け、必要な場合には就業制限措置等を実施します。また、社員のワークライフバランスが充実するよう取り組みます。
  5. 労働法令を遵守し、社員へ最低賃金以上の賃金を支払います。
  6. 労働者の「団体権」等を企業として尊重すべき基本的人権の要素と考え、労働者の権利を妨げません。

働きがいの向上

人材に関する基本方針

グループ社員一人ひとりが個々の能力や特性を最大限に発揮してその役割を果たし、やりがいや充実感を持ちながらいきいきと働ける環境を作ることが、企業価値の向上につながる経営課題の一つであると考えています。

雇用などあらゆる企業活動の場面において、すべての人の基本的人権を尊重し、国籍・人種・信条・性別・障がい・社会的身分等の理由による差別や個人の尊厳を傷つける行為を行いません。

社員のワークライフバランス支援

繁忙時間帯に集中して働いて作業生産性を向上させることによる長時間残業の抑制、フレックスタイム制、始・終業時刻をスライドする時差出勤、5日間の連続有給休暇(スマイル休暇)取得の義務化、ノー残業デーの設定などにより、労働時間配分を主体的に考え行動し、労働時間の最適化を図る働き方改革を推進しています。

シニア人材再雇用制度の運用

2006年4月より、60歳で定年退職する社員の再雇用希望者全員を対象として再雇用制度を運用しており、2017年度は、定年退職者の100%(株式会社エフピコ実績)が同制度を活用して活躍しています。

ハラスメント防止への取り組み

エフピコグループの全管理職を対象に、実例・判例をふまえた講義やDVD視聴によるハラスメント防止研修を実施し、働きやすい職場環境作りを推進しています。

女性が働きやすい職場づくり

女性が働きやすい職場づくり

女性の活躍を推進

女性従業員の職域拡大、継続就業支援、管理職の増加を目指す取り組みに関して「女性の活躍推進宣言」を厚生労働省のポジティブアクション情報ポータルサイトに掲載しています。
女性の総合職採用20%以上を目指し、2022 年までに女性の管理職を50名とするよう取り組んでいます。

子育て支援

厚生労働省より「子育てにやさしい企業」として認定されています。

仕事と家庭の両立支援

結婚しても離職する女性社員はほとんどいなく、育児休暇取得率はほぼ100%です。
また勤務時間については、8パターンの時差出勤を可能としているほか、子供が小学校入学前まで短時間勤務を希望者全員に認めています。
結婚しても子供ができても働きやすい会社として、女性が活躍できる職場づくりを目指しています。

プライベートライフ充実のサポート

プライベートライフ充実のサポート

野球、ヨット、テニス、フロアホッケーなど社員が趣味で行っているレクリエーションを活動費の提供という形でサポートしています。スポーツ以外の趣味、また歓迎会なども補助の対象となっています。また、全国の宿泊施設や娯楽施設の割引を行う福利厚生プログラムも用意し、社員が仲間や家族と楽しい時間を過ごしてもらえるようなサポートを提供しています。