食品トレー容器を通じて、快適な食生活を創造する

資源利用と廃棄物

資源利用・廃棄物削減方針

方針

エフピコグループは、事業活動の拡大において必要となる資源が増加する一方で、存在する資源は有限であることから、適切な資源利用が重要な環境課題であると認識しています。また、事業活動に伴う廃棄物の発生についても、廃棄物削減及び適切な処理が重要な課題であると認識しております。

エフピコグループでは、3R(Reduce、Reuse、Recycle)の考え方に基づき、「エフピコ方式のリサイクル」を拡大することで、廃棄物削減及び再資源化に取り組んでおります。さらに化学物質や有害廃棄物の削減に努め、自然環境の汚染や健康被害につながる汚染の削減及び回避にも取り組んでまいります。

 

<原材料使用の推移>

2019年3月期2020年3月期2021年3月期
2022年3月期
プラスチック類 164,702t 167,968t 195,476t 204,471t
その他(添加剤など) 7,652t 8,910t 9,001t 9,003t
合計 172,354t 176,878t 204,477t 213,474t

 

 

 

環境負荷低減に向けた戦略と取り組み

エフピコ方式のリサイクル

使用済み食品トレー及び、PETボトルから再び容器に再生する「エフピコ方式のリサイクル」により、廃棄物の削減や、石化由来の原材料使用量の削減に効果があります。 全国各地のスーパーマーケット店舗などから回収する使用済みトレー及びPETボトルのリサイクルによる”循環の輪”を広げてまいります。

<2031年3月期 リサイクル投入量目標>

・使用済み食品トレー投入量 13,500t/年 (発泡トレー、透明容器)

・使用済みPETボトル投入量 70,000t/年

 

<リサイクル投入量実績>

2019年3月期

2020年3月期2021年3月期2022年3月期
発泡トレー 6,446t 6,787t 7,543t 7,738t
透明容器 2,284t 2,341t 2,527t 2,592t
PETボトル 65,500t 73,500t 75,000t 73,000t

製品軽量化・再生原料の使用

原材料使用量の削減のため、生産工程の見直しに加え、軽量化・薄肉化に向けた取り組みを継続するとともに、再生原料使用製品の割合を高める。

 

<製品軽量化目標>

2031年3月期 製品1枚あたりの重量を2021年3月期比で1.5%削減する。

<再生原料使用率>

2031年3月期 PSP汎用容器に占めるエコトレーの割合を60%に高める。

2031年3月期 APET製品に占めるエコAPET製品の割合を100%に高める。

 

廃棄物削減

ゼロ・エミッション構想に基づき、生産工程の見直しによる不要物発生抑制や廃棄物の細かな分別を行っております。

 

<ゼロ・エミッション目標>

2031年3月期までに廃棄物の最終処分率を1%未満に削減する。(基準年 2021年3月期 1.29%)

<廃棄物実績>

2019年3月期2020年3月期2021年3月期2022年3月期
廃棄物発生量※1 25,578t 28,740t 27,361t 28,290t 

廃棄物排出量

(外部委託処理分)

10,213t 11,563t

13,835t

12,894t
再資源化量 8,251t 8,963t 9,844t 10,057t
再資源化率 81% 77% 71% 78%
最終埋立処分量 37t 57t 151t 65t
最終処分率 0.37% 0.50% 1.10% 0.51%
有害廃棄物排出量 0t 0t 0t 0t

※1 産業廃棄物、一般廃棄物、資源として有償譲渡したものを含みます。

集計範囲:エフピコグループ全拠点

上記会計年度中の環境関連の罰金及び処罰のコストはありません。

環境汚染物質の管理

環境汚染物質である”ばいじん”、揮発性有機化合物(VOC)、NOX、SOX、BOD、COD、PRTR法対象物質の排出量を工場単位でモニタリングしており、指定の取扱量を超えたPRTR法対象物質については、事業所の所在する都道府県へ届出を提出しております。
フィルムへの印刷を行うエフピコグラビア株式会社では、VOC濃度が高い排ガスから、局所排気装置より排出される低濃度の排ガスに至るまで、すべての化学物質を、「排ガス燃焼処理装置(蓄熱燃焼方式)」により、97.5%の浄化・脱臭を実現しています。
環境汚染物質である”ばいじん”、揮発性有機化合物(VOC)、NOX、SOX、BOD、COD、PRTR法対象物質については、2031年3月期までに2020年3月期比10%の排出量削減に努めることで環境負荷低減に取り組んでまいります。

 

 

・2022年3月期 PRTR法対象物質データ(グループ届出量)

(単位:t)

政令指定
番号

化学物質名排出量移動量
大気水域土壌下水廃棄物
300 トルエン 1.40 0 0 0 0

 

 

・2021年3月期 PRTR法対象物質データ(グループ届出量)

(単位:t)

政令指定
番号

化学物質名排出量移動量
大気水域土壌下水廃棄物
300 トルエン 0.97 0 0 0 0

 

 

・2020年3月期 PRTR法対象物質データ(グループ届出量)

(単位:t)

政令指定
番号

化学物質名排出量移動量
大気水域土壌下水廃棄物
300 トルエン 0.731 0 0 0 0