食品トレー容器を通じて、快適な食生活を創造する

水利用

水利用方針

エフピコグループは、社会の基本的インフラとして、水資源保全を重要な環境課題であると認識しています。

昨今、砂漠化などにより世界規模で水不足が深刻化しています。当社グループの事業拠点である日本においては慢性的な水不足という事態には至っていませんが、輸入原料などの生産に使用された水資源を考慮すれば、世界における水不足や水質汚濁などの水問題は、当社グループと決して無関係ではありません。

エフピコグループにおいて水利用については、生産拠点の地域ごとの状況を理解して限りある資源を有効活用する必要があると考えています。
それぞれの地域固有の水資源問題に応じた適切な管理および水資源の効率的な利用により、水の使用量削減に取り組みます。

取り組み

当社グループは、主にリサイクル工場における使用済み製品の洗浄工程で水を使用しており、水不足によるリスクを認識しております。各地域ごとの状況を理解して限りある資源を有効活用する必要があると考えており、水利用の削減に向けて次のような対策を実践しております。

水濾過装置の導入

 リサイクル工場において、水濾過装置を導入し再利用することで新規使用量を削減しております。

クーリングタワーの設置

 生産工場において、冷却水の循環設備(クーリングタワー)を導入し新規使用量を削減しています。

 

 

目標・実績

目標

・2031年3月期の総使用量を2021年3月期比10%削減する

・2031年3月期の水利用原単位を2021年3月期比10%削減する。

実績

<取水量実績>

2019年3月期2020年3月期2021年3月期2022年3月期
上水 490,202㎥  533,863
 562,631 572,527
工業用水 94,369㎥  89,747
97,416 88,717
地下水 146,313
 100,450
164,016㎥ 192,558
730,884㎥ 724,060㎥ 824,063㎥ 853,802㎥
原単位(㎤/枚) 31.0 29.7 31.0 31.2

<排水量実績>

2019年3月期2020年3月期2021年3月期2022年3月期
河川

386,902 

434,242  549,698
546,107
4,967  4,845  608
754
下水道 260,599  179,321  156,988 203,387
652,468  618,409  707,294
750,248