食品トレー容器を通じて、快適な食生活を創造する

TOP > ESG > 環境における取り組み > エフピコ方式の循環型リサイクル

エフピコ方式の循環型リサイクル

エフピコの循環型価値創造

1980年代、全国の市町村でゴミ処理の問題が大きな社会的課題となりました。
エフピコは企業としていち早くこの問題に取り掛かり、1990年にエフピコ方式のリサイクルをスタートしました。
今では当たり前のように見るスーパーマーケットに置かれた使用済み容器の回収ボックス。
それでも現在の使用済み食品トレーの回収率は約30%に留まり、この運動のさらなる広がりが必要です。
エフピコでは原油などの地下資源に対して使用済み容器を”地上資源”と呼んでいます。
地上資源を繰り返し使い続けるリサイクル活動の輪を皆様のご協力をいただきながら進めてまいります。

「トレーtoトレー(R)」「ボトルtoトレー(R)」のリサイクル

エフピコ方式のいちばんの特徴は、回収した使用済みトレーやPETボトルを原料に戻し、また食品トレー容器を作ることです。
これを「トレーtoトレー(R)」「ボトルtoトレー(R)」と呼んでいます。
エフピコは世界で初めて使用済みトレーから食品トレー容器に生まれ変わる「循環型リサイクル」を始めました。

トレー to トレー
ボトル to トレー

みんなで行うリサイクル(4者一体でリサイクル)

使用済みトレーやPETボトルのリサイクルはエフピコだけではできません。消費者の皆様もリサイクルに協力いただき、全員参加で行っています。
洗って乾かした使用済みトレーはスーパーマーケットの店頭などに設置された回収箱で集められ、さらにエフピコが配達の帰りのトラックでこれを引き取り、エフピコが再生します。
4者一体となることで、大量の使用済みトレーやPETボトルがムダなくスムーズにリサイクルされるのです。

みんなで行うリサイクル(4者一体でリサイクル)

エフピコのリサイクル工場

福山リサイクル工場
福山リサイクル工場

・福山リサイクル工場
・福山選別センター
(広島県福山市)

中部リサイクル工場
中部リサイクル工場

・中部リサイクル工場
・中部PETリサイクル工場
・岐阜選別センター
(岐阜県輪之内町)

関東リサイクル工場
関東リサイクル工場

・関東リサイクル工場
・関東選別センター
(茨城県八千代町)

バーチャル工場見学

リサイクルの流れそれぞれのリサイクルの流れを紹介します。

  • 発泡スチロール製 トレーのリサイクル

    発泡スチロール製
    トレーのリサイクル

  • 透明容器のリサイクル

    透明容器のリサイクル

  • PETボトルのリサイクル

    PETボトルのリサイクル