食品トレー容器を通じて、快適な食生活を創造する

リサイクル効果

リサイクル事業の成果

1990年にスタートしたエフピコ方式のリサイクルは年を追うごとにだんだんと大きな成果を残すようになってきました。

1992年に1,660カ所だった使用済み容器の回収地点も2019年には9,400カ所となり、この間の回収量も約10倍となりました。使用済み容器を回収し、再生原料として使用することはさまざまなメリットを生み出します。原料となる天然資源の石油使用量削減、資源を循環させることによる廃棄物の削減など、その波及効果は計り知れません。

天然資源を枯渇させないため、地球環境を守るため、エフピコではリサイクル事業による地上資源の活用を推進しています。

取り組みの成果
 2019年度実績累計実績
(1990年~2020年3月)

発泡スチロール製

トレー  

回収量 6,787トン 151,876トン
枚数 16億9,675万枚 379億6,900万枚

透明容器 

回収量 2,341トン 18,799トン
枚数 2億3,410万枚 18億7,990万枚

PETボトル 

回収量 59,751トン 272,300トン
本数 23億9,004万本 102億366万本

copy_seika.jpg

CO2の排出抑制効果

CO2 の排出抑制効果

食品トレーの素材製造から廃棄、リサイクルまでの環境負荷を計算すると、「エコトレーⓇ 」や「エコAPET Ⓡ 」は、原油から新しく作るトレーにくらべると、CO2の排出量を30%抑えることが確認されました。この再生容器を使用頂いた事により、2019年度はCO2を16万t排出抑制する事ができました。

 

2019年度に削減したCO2の量:約16万トン

 

食品トレーの素材となる原料を作る工程ではたくさんの二酸化炭素(CO2)が排出されます。

「エコトレーⓇ」や「エコAPETⓇ」はその工程での、二酸化炭素(CO2)排出量が少ないエコな容器です。